裏PANNA-FUTSAL

【徹底取材】須賀監督がフットサル日本女子代表で標榜するフットサルはこれだ!

 

2022年8月18日〜20日、高円宮記念JFA夢フィールドで開催された須賀監督体制になってから2回目のフットサル日本女子代表候補トレーニングキャンプ。他社でのインタビューでも須賀監督が言われていましたが、フットサル日本女子代表監督は突然交代が決まったようでした。そんな事もあり、前回は木暮前監督からの引継ぎ的な側面もあった事もあったのだと思われます。しかし2回目となる今回はメンバー選考においても須賀監督の意向が出たのではないかと思います。今回の招集メンバーについての動向は下記の記事を参照下さい。

フットサル日本女子代表候補トレーニングキャンプ招集メンバー雑感

 

そして須賀監督が考えるフットサル日本女子代表について。インタビューにもヒントが隠されているのではと思いますので、インタビュー動画も貼っておきたいと思います。

 

 

さて、今回すべてのセッションについて取材を行いました。それは須賀監督がどのようなフットサルをするのか、どんなプレーモデルを落とし込もうとしているのかが知りたかったからです。そしてトレーニングやトレーニングマッチを見学して、自分なりに感じた須賀JAPANについてまとめてみたいと思います。

まずはどのような練習がされたのか、概略ですがまとめてみます。

18(木)PM:定位置攻撃

19(金)AM:グループ戦術とプレス回避
19(金)PM:守備戦術とCKセットプレー

20(土)AM:セットプレー攻守
20(土)PM:バルドラール浦安テルセーロとのTRM

もちろんこのピッチでの5セッションとは別にミーティングは行われていると思われますが、見学可能なセッションでの須賀監督のプレーモデルを考察してみました。

(残り 1502文字/全文: 2281文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ