裏PANNA-FUTSAL

西宮、神戸、流経大の上位リーグが決定!不運が重なった北海道は下位リーグへ

9/17(金)〜19(日)の日本女子フットサルリーグ第8節、第9節は兵庫県の西宮市立中央体育館、グリーンアリーナ神戸で開催されました。総当たり1回戦のレギュラーシーズンの最終節となり、この後上位リーグ、下位リーグに分かれる重要な連戦。台風の影響があり、最後の2試合が延期となりましたが、上位リーグと下位リーグが決定しました。前節までに上位リーグを決定したのはバルドラール浦安ラス・ボニータス、立川アスレティックFCレディースの2チームでした。

<順位表>

1位:バルドラール浦安ラス・ボニータス 6勝1分 勝ち点19 +43
2位:立川アスレティックFCレディース 5勝2分 勝ち点17 +11
・・・・・上位リーグ確定ライン・・・・・
3位:アルコ神戸 4勝1敗2分 勝ち点14 +10
4位:SWHレディース西宮 4勝2敗1分 勝ち点13 +14
5位:流経大メニーナ龍ヶ崎 4勝3敗 勝ち点12 -7
6位:エスポラーダ北海道イルネーヴェ 2勝2敗3分 勝ち点9 -3
・・・・・下位リーグ確定ライン・・・・・
7位:さいたまサイコロ 1勝4敗2分 勝ち点6 -12
8位:福井丸岡ラック 1勝4敗2分 勝ち点5 -13
9位:フウガドールすみだレディース 勝ち点4 1勝5敗1分 -2
10位:ミネルバ宇部 0勝7敗 勝ち点0 -41

上位リーグの可能性については下記記事でも考察してましたので、是非参考にして下さい。

【残り3枠】レギュラーシーズンも残り2節!上位リーグ入りチームは?

 

さて、結果は西宮、神戸が自力で上位リーグが決定。流経大は勝ち点を挙げる事は出来なかったものの、北海道が勝利を挙げる事が出来ず、上位リーグ入りが決定しました。この最終節での戦い、北海道には不利な状況が揃い過ぎてしまい、正直ボロボロの状況でした。負傷欠場、退場でGK1人、そしてFP5人での戦いを余儀なくされました。SNSでは北海道が最後まで諦めず走り続ける姿を称える投稿も見受けられました。そこで今季ここまでの北海道の戦いぶりについて振り返ってみたいと思います。

(残り 1907文字/全文: 2768文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ