裏PANNA-FUTSAL

【無料記事】福井丸岡ラックがシーズン途中にメンバー募集した意図は?

今回日本女子フットサルリーグの福井丸岡ラックが公式HPでこのような記事掲載がありました。

選手募集のお知らせ

シーズン終盤になって来季に向けてというのなら分かりますが、7/29というシーズンもまだ序盤という時期に掲載。これには福井丸岡ならではの事情があった模様。
今回の選手募集について福井丸岡へ問い合わせしてみました。対応してくれたのは田中監督でした。

-今回選手募集について公式HPに掲載されましたが、どのような意図があったのでしょうか。
田中監督:今回のHPには中学生以上と掲載していますが、小学生も含めたすべてのカテゴリーで選手を募集しています。原因としては「フットサルの価値が下がってしまった」という事にあります。

ー何か原因があったのでしょうか。
田中監督:試合がないんです、フットサルの。サッカーは屋外という事もあり、以前のように試合ができるようになってプレーの機会は戻ってきたのですが、新型コロナ感染症の影響で主に屋内で行われるフットサルの試合がなくなってしまいました。そこで福井丸岡ラックは以前北川選手の世代がサッカーとフットサル両方やっていたように、中学生はプレー機会を求めて両方の活動をするように戻しました。そうやってフットサルを続けてくれる層を広げていきたいと考えています。

そうやって育成年代はできるだけ地元で選手を確保していきたいと思っていますが、地方は都市圏と違って人口は少なく、今後も選手が確保できるとは限りません。そこで地元と協力して様々な形で選手を受け入れる事ができないかと考えました。

ーどのような施策があるのですか?

まず全国的に行われている「みらい留学制度」というものがあります。簡単に言うと地方の公立高校への進学ができて、住居費用や様々なサポートが受けられるものです。これを地元の丸岡高校が採用しています。福井丸岡ラックでフットサルをやってみたいという選手に是非この制度を使って福井に来て欲しいと思っています。そしてできればそのまま福井に残って引き続きトップチームで長く活躍してくれる事を願っています。

みらい留学制度(丸岡高等学校)
https://c-mirai.jp/schools/85

あるいは高校生が大学進学する際に受験はもちろん、推薦を活用するという方法もあります。そういう意味でも福井県内の大学を進学の選択肢に入れて欲しいという事もありました。

また社会人にもいま以上に門戸を開いて広く募集したいと考えました。実際働きながらとなると思いますので、スポンサー企業などに就労について相談していきたいと思っています。その「みらい留学制度」「スポンサーでの雇用相談」という面で見て。このタイミングがベストだったという事です。もちろんこれだけではなく、様々な形で移籍を受け入れたいとは思っていますので、いま挙げた形だけではありませんので、いろいろ相談に乗る事は可能です。別に日本人にだけに限った事ではなく、外国人も受け入れる事が可能です。

ーそれはすごいですね。

福井丸岡ラックは「みんなを幸せにしたい」と考えているのですが、その範囲を日本だけでなく、世界に広げていきたいと考えています。外国へ遠征する予定もありますし。まだ企画段階ですが、フットサルの普及に海外へ行ったりという事も考えています。その中で「福井丸岡ラックでプレーしたい!」という外国人が出てくるかもしれません。その受け入れに関しても考えたいと思っています。

ーシーズン途中ではありますが、社会人選手の移籍も受け入れ可能ですか?

現在所属しているチームや勤務先、就業先の都合が合えば、問題ないと思っています。もちろんシーズン途中では難しいという事であれば、来季からという事もOKです。今までは選手を育てるという部分にフォーカスする事もありましたが、もうそれだけではチームの戦力維持は難しいのかもしれません。ですから県外からも積極的に受け入れたいと思っています。先日ヴィンセドール白山LACOからの移籍が発表された山森しおん選手もその第1弾だと思ってもらえればと思います。

ー意地悪な質問をして良いですか?やはり地元の選手を優先してしまうという事はありませんか?

選手からではないですが、正直そういった事を言われた方もいました。しかしそのような事は考えておらず、問い合わせがあった場合にも「一緒になって世界に出て行こう」と伝えています。福井丸岡ラックのフットサルは、元々は愛知県リーグ、東海リーグから始まりました。そして、東海や関西の先輩方が、フットサルの面白さを教えていただきました。今度は、私たち福井丸岡ラックが、世界に羽ばたこうとしている女子選手を受け入れる番です。イタリア、スペイン、バンコク、ブラジル、フットサルを通して、大海原を駆け巡りたいです。一緒に冒険してくださる方、大歓迎です。福井も例外なく少子化の影響を受けている県です。県や地元の自治体と一緒になって支援をするからには、地元を優先するような事をすれば今後の協力関係にも影響を及びかねません。先ほどもありましたように、「みんなを幸せにしたい」という理念の範囲を世界に広げています。もちろん実力主義ではありますが、福井出身だから、他県の人だからという区別はせず、チームの一員として一緒に世界を目指して戦って欲しいと考えています。是非福井丸岡ラックへの加入を考えて欲しいと思っています。早速ですが、お伝えできる情報があります。2023年4月3日〜5日にバルセロナで開催される女子U-19の大会に参加予定です。現在の高校生3年生に出場資格があります。福井丸岡ラックに入団し、一緒に世界に挑戦しませんか?

前の記事 »

ページ先頭へ