裏PANNA-FUTSAL

「私達にしか経験していないものを伝えていきたい」第18回全日本女子フットサル選手権優勝バルドラール浦安ラス・ボニータス今季限りで引退の加藤正美選手、平井佑果選手選手選手

-まずは優勝おめでとうございます

加藤正美・平井佑果:ありがとうございます!

 

-大会前に引退発表のリリースがありました。この大会に賭ける想いがあったのではと思います。当時最強と言われたアルコイリス神戸(現アルコ神戸)からバルドラール浦安ラス・ボニータスに移お籍された事には本当に驚きました。浦安に移籍しようと思った理由は何でしょうか

加藤正美:アルコとは正反対の戦い方と言うか、そういうのを自分の中で知りたい、学びたいと思いました。それをやることで自分の人生がまた変わるのではないかなという想いを持って移籍を決めました。もう一つとしてアルコの戦う姿勢というのを、このクラブの選手達にも伝えていきたいという部分もありました。

平井佑果:フットサル日本女子に選ばれた時に、自分の足りなさをすごく感じました。アルコでは勝負強さとか、ピヴォ当てからの走る強さというのを学んできましたが、その部分プラスアルファでまた別の部分で違うフットサルを学んでみたいなと感じました。また移籍する前の年に日本女子フットサルリーグのプレーオフで浦安と対戦した時に、めちゃくちゃ上手いなと思ったのですが、勝負所で決めてアルコが優勝しました。そういう部分ではやっぱりアルコ強いなと感じました。そういう部分を伝えていけたら日本のフットサルが強くなると思って移籍を決めました。

 

-実際に浦安に来てみていかがでしたでしょうか

(残り 1372文字/全文: 1973文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ