デジタルピヴォ! プラス

[第3位インタビュー]2年生主体のチームなのに食らいついてくれた!(フュンフフットサルスクールB 風間直人コーチ)[U-9 rexva COPA Pivo! DE CAMPEAO 2023/2024決勝大会]

 

◾︎大会名:U-9 rexva COPA Pivo! DE CAMPEAO 2023/2024決勝大会(第7回)
◾︎会場:山梨県 小瀬スポーツ公園体育館
◾︎開催日:2024年1月27(土)、28日(日)
◾︎特別協賛:フットサルブランドrexva(リーヴァ)
https://rexva.base.shop
◾︎主催:ヘペスカージェン Pivo!
◾︎大会記事:デジタルピヴォ!plus
https://www5.targma.jp/pivoplus/

 

AS KOFU。

 

フュンフフットサルスクールB。

 

(PHOTO、TEXT・山下浩正)

 

U-9 rexva COPA Pivo! DE CAMPEAO 2023/2024 3位決定戦
フュンフフットサルスクールB 1-1(PK6-5) AS KOFU 

 

地元対決はPK戦に

同じ山梨県で、毎月練習試合をしているチーム同士が3位決定戦に臨んだ。個で試合をリードしにいくAS KOFUと、守備から入るフュンフB。両者自分たちの持ち味を出しながら奮闘。1対1のスコアからPK戦に突入し決着がついた。2年生主体のチームを率いた風間コーチは「よく食らいついてくれた」と選手をたたえるのだった。

 

個で仕掛けてくるKOFU、食らいつくフュンフBの戦いが続いた。

 

5番の選手のドリブルからのゴールが決まりAS KOFUが先制した。

 

フュンフBは10番イタヤマがPKを決め同点に追いつく。そしてこのままのスコアでPK戦に突入した。

 

7人のうち4人は2年生

Pivo!  3位、おめでとうございます。今の気持ちを。

風間  ありがとうございます。今の気持ちは、2年生が結構主体のチームだったんですね。でも、よく頑張ってここまでやってくれたなぁって気持ちですね。

Pivo!  それで選手たちが小柄だったのか。

風間  そうです、そうです。選手7人のうち3年生は3人で、ほかの4人は2年生で。かなり体格差はあったんですけど、食らいついてみんな、よく頑張ってくれて。

Pivo!  試合は1対1でPKになって。

風間  そうです、獲られて、追いついて、って展開でした。

Pivo!  先制したのは相手のAS KOFU。「ドリブルで運んでシュート、ファー(右サイド)のネットを揺らした」と取材ノートにある。フュンフBが同点にしたのはPKマーク上で相手ファールがあってPKを獲得、これを決めたものだった。

風間  シュートブロックにいった相手の足が引っかかっちゃって。

Pivo!  で、1対1になって、そのままのスコアで、、。

(1対1の後は、急遽予定変更になって隣のコートで決勝戦が始まったため記者はそちらに移動)

風間  そのままスコアは動かず、PKになって。PKは6-5でした。

Pivo!  どちらもきっ抗した戦いだったと。

風間  そうですね、はい。

 

(残り 1002文字/全文: 2207文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ