■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

デジタルピヴォ! プラス

バックドアから一発でループでやられてしまって、流れが変わりました。(ボルクバレット北九州 ♯10 安嶋健至)[F2第4節]

 

2019年8月4日 柏市沼南体育館
(PHOTO,TEXT・山下浩正)

 

ファール覚悟で相手ドリブラーを止めにいったシーン。

 

その結果、イエローを受ける。

 

共に後方でゲームを構築するスペイン人のウーゴ サンチェス。

 

北九州有利の中で潮目が変わるゴールを決めた柏♯9樋口。

 

第5節終了時、4勝1敗・勝ち点12で2位につけるボルクバレット北九州。

 

Fリーグ2019/2020 ディビジョン2  
トルエーラ柏 6-4 ボルクバレット北九州
柏市沼南体育館 観客数:457人
[得点経過]
0-1 00分25秒 北九州 7 田口友也 
1-1 02分53秒 柏 12 林賢治 
1-2 07分55秒 北九州 14 ウーゴ サンチェス
1-3 14分39秒 北九州 4 渡辺 大輔 
2-3 14分54秒 柏 9 樋口岳志 
3-3 16分08秒 柏 12 林賢治 
4-3 17分55秒 柏 14 柴田祐輔 
5-3 23分44秒 柏 18 宗像紘輝 
5-4 31分19秒 北九州 9 横山巧 
6-4 37分53秒 柏 14 柴田祐輔 

 

潮見を変えたダイレクトシュート

前半8分に1-3とホーム柏を追い込んだ北九州。このままいけば柏にとって昨シーズンの開幕戦の二の舞となるところだったかもしれない。しかし、一本のパスと、そこから生まれたピヴォの思い切りのいいダイレクトシュートがこの試合の潮見を変えたといってもいい。これを機に、北九州の1ゴールに対して、柏は5ゴールを奪取し一気にホーム開幕戦逆転勝利をものにしている。このときピッチにいた北九州のアラ-フィクソ、♯10安嶋健至(27歳)はその瞬間を自らの言葉でこう振り返った。

 

ゲームの流れを持ってきた直後にそれは起こった

柏に対して準備してきたものを、ある程度はチームとしてできました。

(残り 2678文字/全文: 3425文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ