森マガ

シリア戦前日に長友佑都が語った決意とは

6月10日、2026年アメリカ・カナダ・メキシコワールドカップ・アジア2次予選シリア戦の前日公式練習が行われました。その後、長友佑都が記者たちの質問に答えました。

 

——元気な声が聞こえてきます。

もう楽しんでます。自分が1番。

——前回もすごく危機意識っていうのをおっしゃってましたけれど、今回も多分すごく危機意識を持ってきてらっしゃるんじゃないかと思うんです。今の覚悟はどうですか。

もう、だからね、やっぱり次はないという思いで僕は来てますしね。これまで というか、このね、代表のずっと入ってた15年間は選ばれるだろうと思って、 その危機意識というか、そこまで今ほどはなかったなっていうのは感じてますね。もうほんとに次はないかもしれないっていう気持ちで、ほんとに戦ってますね。

(残り 2085文字/全文: 2424文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ