森マガ

11月17日 日本代表取材のこぼれ話・森保一監督がトーンを上げた質問とは

オマーン戦、しっかり借りを返しました。欲を言えばもう2、3点取って「n倍返し」をしたかったところではありますが、現在のチーム状況を考えると、まずは勝っただけでも御の字かもしれません。何せこれまでゴールを量産してきた人たちが苦しんでいますから。

試合終了後、Jリーグ組はすぐに空港へ。その中から山根視来のコメントを日本代表のスタッフが聞いてくれました。

 

そして試合後2時間ほど経過した日本時間の早朝5時過ぎから、三笘薫、古橋亨梧、中山雄太、伊東純也、吉田麻也、冨安健洋、そして森保一監督が会見に応じてくれました。これだけたくさんの選手がしっかり語ってくれたので、報道各社はいろいろな記事が出せることでしょう。そして勝ったことでいろんな記事の引きがあると思います。昨日まではサッカーが話題になることが少なかったので、これでやっとワールドカップアジア最終予選に目を向けてもらえるかな?

例によってバタバタとテープ起しをしておりますので、誤字があると思います。ごめんなさい。

(残り 7827文字/全文: 8263文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ