サッカーの羅針盤

【Jフォーカス】藤枝をJ1昇格に導くために。マリノスの基準を知る中川風希が清水戦で感じたこと:僕は正直、早いなとは感じなかった

 

プレーオフ圏内での昇格を目指す藤枝MYFCは敵地アイスタで、J2首位の清水エスパルスに挑みましたが、1ー0で敗れました。ベンチスタートだった中川風希はベンチスタートでしたが、アンデルソンのアクシンデントにより急きょ、シャドーに入り精力的な動きを見せます。

しかし、なかなかグラウンダーのパスが出てこず、持ち味のバイタルエリアで違いを見せるプレーがなかなか出せないままに、ロングボールのセカンドからカウンターを受けて失点。チームとしても個人としても悔やまれる結果になりました。

https://x.com/fujiedamyfc_pr/status/1799376874302554548

 

ーー急きょ出る形になったけど、もう1つやりきれなかった?

前にボールが入るパスが少なかったと思うので。その辺は後ろの選手に要求していきたいなと思いました。

ーー失点のシーンはロングボールのセカンドからカウンターをされる形で。もうちょっとグラウンドで繋ぎたかった?

下でやるのが得意な選手が多いので。雰囲気にも飲まれてたので、ああいう雰囲気でビビらず、自信を持ってみんなやるべきかなと。

(残り 698文字/全文: 1190文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ