サッカーの羅針盤

【磐田の歓喜・番外編】”広島の守護神”大迫敬介に聞く、川島永嗣という偉大な存在との対戦:やっぱり観ていても学ぶことが多かった

 

ーー相手の枠内シュート自体はほぼなかったけど、クロス対応とかしっかりやって、勝ちに繋げたこと?

ここ数試合は自分が不甲斐ないプレーで、チームに迷惑をかけていたので。その1つがクロスということで。この期間もクロスを重点的に練習しましたけど、その成果が出たと思いますし、出る出ないはっきりしたプレーを出せたと思います。

ーー本当に2−0になってから相手も攻撃的な選手を切ってきて、最後ギリギリのシーンもありましたけど、あそこはどういう心境で?

常に相手の位置を把握して、どこを狙っているのかで必要なポジションを細かく変えるように意識しましたし、それが出る出ない、はっきりした判断に繋がったと思います。

 

ーー対面に川島永嗣という4大会W杯に行った選手がいて、本当にその背中を追いかけてきたと思いますけど、いざ対戦相手とやって?

(残り 1251文字/全文: 1619文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ