サッカーの羅針盤

【磐田の歓喜】西久保駿介が広島戦で感じた手応えと明確な課題:1本は合わせなきゃいけなかった

ーースタメン出場でのビジョン?

対広島ということで、マンツーマンでくる中で1対1で負けないというのが1つありました。

ーー前半からよく戦えていた理由?

この1週間の練習で1対1だったり、個人では寄せだったりを意識しました。

ーーリードを奪われた中で?

前半は失点したくなかったんですけど、チームとして失点してしまったので。チームとしての戦い方は変えずに、前から来る中でペイショットをターゲットにして、そこからの追い上げだったりを変えずにやって、前半1点取ろうという形だったですけど。

(残り 1555文字/全文: 1791文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ