サッカーの羅針盤

【磐田の歓喜】広島戦に向かう前に、横内監督と湘南戦を振り返る(4)平川怜が変わって来ているところ

 

ーーあそこに入り込んでいた平川選手の感覚?

意外に怜があそこで絡むといいチャンスになることが多くて。地味ですけどね。多分、怜とか昌也は本当に観てる人じゃないと、良さがあんまり分からない選手なので。

ーー閃きはすごいです。絶滅危惧種と言われるファンタジスタの感覚というか。一所懸命、走ったり守備してるので、そういうイメージになりにくいですけど、えっ?なんでここっていう理屈じゃ分からないところにいて。

ただ、今も多少・・・僕はそこ変えたいんですけど、どうしてもファーストチョイスがゴールにならないんですよね。だからボールのコントロールもそうじゃない時があって、結果、J1だとプレッシャーが来て判断が遅れるというのがあって。

(残り 979文字/全文: 1292文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ