サッカーの羅針盤

【磐田の歓喜】湘南戦の逆転劇につながる前半終了間際の同点弾を山田大記と振り返る:自分一人でどうこうというのはないですけど、非常に大きなゴールだった

 

ーー前半最後のゴールシーンのメンタリティ、あの落ち着きってすごいなと。選択していく。ビジョンはあったのかもしれないけど。

ビジョン全然なかったですよ。笑

たまたま抜けちゃった感じだったから。するするっと。本当、全然ああ行けちゃう、あって気づいたら入ってた感じ。だから、そんなにこうだからこうでみたいに見えてた感じじゃないです。

ーー逆に言うと、これまでの積み重ねが感覚的に出る?

まあ、そうですね。感覚的に打てたところはあるので。はい。良く言ってもらってありがとうございます。笑

(残り 718文字/全文: 959文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ