サッカーの羅針盤

【鹿島戦記】ルヴァン杯の敗戦で、須貝英大が感じたこと:誰が出ても勝てるのが、本来あるべき姿

取材・元川悦子

 

ーー試合後に厳しいブーイングを聞いて?

サポーターの皆さんはタイトルが欲しいというのがある中で、自分たちもそれに向けて勝たなきゃ行けない試合だったですけど、勝つことができず。本当に申し訳ないなという気持ちでいっぱいです。

ーー入りは悪くなかった?

チーム全体としては整理したなかでゲームにしっかり入ることができたので。ただ、失点しても、2失点目をしなきゃよかったし。先に失点したこともそうなんですけど、立て続けに2っ転してしまったことが、入りできただけにもったいなかったです。

(残り 451文字/全文: 699文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ