サッカーの羅針盤

【磐田の歓喜】川島永嗣と切磋琢磨できる環境の中で、杉本光希が感じていること

 

ーーずっと鹿児島キャンプの時はリハビリから始まって行って、なかなか全体練習に参加できなかったところから、ようやくベンチ入りするところまで来て。試合でベンチから見る風景?

どんな形であれチームの一員として貢献できる機会を得られるのは嬉しかったし、誇りに思います。ただ、もっとより自分自身が目指す目標がはっきりしたので。個人の目標とチームの目標を合わせつつ、頑張っていきたいと思います。

ーーGKのルーティーンを回していく中で、エイジさんとかツボちゃんの特長を学びながら、自分の武器を伸ばしていこうというのは?

それぞれ、僕もそうですし、リュウキ君も含めてそれぞれ強みがあって。自分自身は経験の浅い選手ですし、その中で多くのものを吸収していかなければならないんですけど。自分自身それだけにならず、ライバルになれるように日々、頑張っていきたいと思います。

(残り 1127文字/全文: 1504文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ