サッカーの羅針盤

【磐田の歓喜】浦和戦のゲームチェンジャーは湘南戦のヒーローへ。西久保駿介のベクトル:自分が入ったら強みは明確

 

 

ーー昨日はゲームチェンジャーじゃないけど、でも、入る準備をしてたら失点しちゃったんですよね。

そうですね。あれから0−0でスタメン組が耐えている中で、流れを変える投入だと思ってたんですけど、待ってる段階で点決められて。これは得点を狙うしかないなと思って入りました。

ーーレッズがわのコメント聞くと、別に集中を切らしていたつもりはないみたいな感じだけど、あそこはジュビロのゴールに向かう矢印がすごくて。そこで勝ったのかなみたいな。

本当、奪った後のジュビロ全体のボールを持ち出すところはまだまだ課題ですけど、そこは自分を含めて少し出せたのかなと思います。

(残り 1389文字/全文: 1674文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ