サッカーの羅針盤

【マリノス航路】[舩木対談]矢印はACLファイナルに向いている(4)現在はACLに全力を注いでいる

 

横浜F・マリノスはACLセミファイナルで韓国の蔚山現代と対戦。アウェーの1stレグは1−0で敗れましたが、ファイナル進出へ十分に可能性を残す形でホームの2ndレグに臨みます。

現地取材した「蹴鞠のトリコ」でお馴染み舩木渉記者と1stレグを振り返りながら、ホームの2ndレグ、そしてマリノスのファイナル進出の可能性について語りました。

 

(4)現在はACLに全力を注いでいる

 

舩木

無闇に蹴るわけではなく、モテるところはしっかり持って、ボランチも経由するしという・・・すごく質の高いチームですね。

河治

ただ、基本的にさっき言っていたドロップゴールみたいなところからの失点以外は追加点を与えない。渡邊泰基のところもそうだし、マツケンも相手が縦のところをポイントに突いてくるところをうまく対応していた?

舩木

ポープ選手にかなり救われたところもあると思います。

(残り 740文字/全文: 1127文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ