サッカーの羅針盤

【マリノス航路】[舩木対談]矢印はACLファイナルに向いている(2)蔚山のCBは元Jリーグのコンビだった

横浜F・マリノスはACLセミファイナルで韓国の蔚山現代と対戦。アウェーの1stレグは1−0で敗れましたが、ファイナル進出へ十分に可能性を残す形でホームの2ndレグに臨みます。

現地取材した「蹴鞠のトリコ」でお馴染み舩木渉記者と1stレグを振り返りながら、ホームの2ndレグ、そしてマリノスのファイナル進出の可能性について語りました。

 

(2)蔚山のCBは元Jリーグのコンビだった

 

河治

そういえば舩木さん、榊原のアンカーというのをマリノスの注目点としてあげてましたね。蔚山戦は喜田選手が不在という状況で、その通り彼のところで起点になってましたね。

舩木

蔚山側もそこに知してのケアが無かったので。特に前半に関しては。榊原くんもすごくスムーズにボール触れてましたし、あんまり相手がマリノスのことを研究して、ガチガチに守ってきているっていうような印象は無く、むしろディフェンスラインがしっかりと4人堅い分、そこに対しての信頼がすごくあるのかなと。

河治

ああ、はい。

(残り 742文字/全文: 1176文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ