サッカーの羅針盤

【激論】鹿島視点でルヴァンの動向を語る(6)植田、関川、佐野、知念の頑張りを美談にはできない

 

河治

ルヴァンから見ても鹿島はメンバーのやりくりが本当に綱渡りで。もちろん結果的に植田と関川、佐野、知念も無事に乗り切って、夏に懸案ポジションを補強できました。そう願ってるよ。ただ、彼らが頑張って持ち堪えましたっていうのを美談にしちゃいけないと思う。

元川

そうだね。

河治

もちろんフィジコが優秀で、怪我が少なくて済みましたみたいな側面の評価も大事なんだけど、怪我とか退場が出るでないは運もあるから。本当の綱渡りだったんだよと。

元川

そこはこれからの鹿島のためにも問いかけていかないといけないところ。

(残り 1031文字/全文: 1282文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ