サッカーの羅針盤

【浦議の犬と浦和を語ろう】VSガンバ大阪編(3)履き違えたら意味がない

 

河治

あの失点は戦術云々とか誰々個人の責任だけではなくて、浦和の何ていうか・・・時間的なエアポケットみたいな問題もあったかなと思います。

要犬

組織として自覚しないといけないですね。

河治

それに関してリョーマ選手が言ってたのは、本当に寄せ1つ、声かけ1つでそんなに難しくならなかったシーンで。ただ、1試合の中でああいうことが1つ起きて、そこで失点してしまうと、ずーっと言われることになるし、空間的な現象としても守備の連携がどうこうって言われる。

(残り 841文字/全文: 1065文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ