サッカーの羅針盤

【浦議の犬と浦和を語ろう】VSガンバ大阪編(1)リョウマの言葉から振り返る柏戦の失点

要犬

ガンバ大阪との試合ですけど、古巣対戦となる佐藤選手も「ナショナルダービー」だと言ってました。まあ現在は10位と11位の対決だと・・・

河治

そうですねえ。

要犬

そのガンバ戦のテーマとしては柏戦で見えた失点の課題に向き合おうと。

河治

はい。

要犬

柏戦の失点は浦和の左サイドですね。柏の右サイドからの攻撃で、クロスを元浦和の木下選手にボレーで決められtしまった。この辺の課題というのは?

河治

いくつかフェーズがあって。あの0−0で結構、疲労もあって。攻撃的な選手も投入されて。

要犬

うん。

河治

松尾選手も疲労なのか、少しコンディションに何かあったのかで、サイドをやられてしまったと。ちょっとリョウマ選手が孤立する感じで、マテウス・サヴィオと島村にやられるんですけど。そこに関して全体的にふわっとしてしまったとリョウマ選手が言ってましたね。

要犬

おお、それは・・・

河治

何をするべきかみんなはっきりしなくなって、相手が一番サッカーしやすい適度なプレッシャーになってしまったと。プレスに行くのか、引いて固めるのか・・・みんなが中途半端になってしまったと。

要犬

うん。

河治

自分も相手が裏を狙う動きが見えていなかったとリョウマ選手は言っていて。彼も見なきゃいけない情報が増えちゃったんですよね。柏も4枚来てるし・・・川口、白井、島村、サヴィオが。

要犬

はい。

河治

そこに対して浦和は人が同サイドにそもそもたりてないし、サミュエルが来たんですけど中途半端だった、アツキ選手も一瞬来たけど、中央が気になって戻っちゃったんですよね。アツキ選手が中央に戻るタイミングと、マリウスもサイドに気かけたけど、戻っちゃうのがほぼ同時で。

要犬

ああ、なるほど。

河治

あれもし、マリウスがサイドの守備に徹して、代わりにアツキ選手がセンターバックのところを埋めて守れば問題なかったし、そうすればリョウマ選手も選択肢を限定できたから、サヴィオにも行けてるはずなんですよね。だけどサミュエル、アツキ、マリウスがみんな半端になっちゃった。

(残り 239文字/全文: 1075文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ