サッカーの羅針盤

【浦和を語ろう】大畑歩夢に聞く福岡戦:自分も驚いてます(苦笑)

取材・元川悦子

ーーホーム初勝利でWE are diamondsをうたった?

やっぱり鳥肌立ちますし、やっぱりホームでこういう形で勝てたっていうのは大きい、このシーズン続く中、こういう試合でも勝ち切るっていうところを浦和レッズとして見せたいなと思ってます。

ーーハーウタイムで相手の出方を見ていたということだが、相手が5枚でハマるときもあるけど、どういうところを突こうと?

サイドのところのサイドハーフ、サイドバック、インサイド、サイドハーフだとやっぱり何て言うんすか、ピン留めして、前で止めて、岩尾選手がその間に落ちてくることだったり、そこをうまく後半は使えたのかなと思います。

(残り 689文字/全文: 973文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ