サッカーの羅針盤

公開記事【浦議の犬と浦和を語ろう】福岡戦の要注意選手と浦和勝利のキーマン(8)試合で使いながらオプションが増えて行く

 

河治

今逆に言うと試合でやりながらオプションを増やしてってこともあるじゃないですか。

要犬

松尾の1トップ含めて。

河治

はい。意外とオプションは増えてるみたいな。

要犬

そうですね。

河治

メインは4ー3ー3の一択ですけど、途中からのオプションは色々と増えて。

要犬

岩尾選手とグスタフソン選手の2ボラみたいな。

河治

これまで面白くなく終わったことがないので。一度でも4ー3ー3のまま、つまらなく終わってみたいですよね。

要犬

観てみたい。

河治

ただ、福岡も追いかける展開になるとウェリントンを残したままザヘディとかも。

要犬

ツインタワー!

河治

そうやってきたら、浦和も多少後ろの重たいシステムや組み合わせにしないといけない。

要犬

そうですね。

河治

どうなるにしてもリードして逃げ切ると。勝利は札幌戦がありますけど、しっかりと盤石に逃げ切ると。王道の戦い方で終わるというのがアビスパにできたら今後に期待ができますね。

要犬

その他にはありますか?

河治

まあルヴァンの決勝を含めて、アビスパに対する苦手意識をここで払拭すると。

要犬

若干、苦手意識は正直、ここ数年はありますよね。

河治

ありますね。そこは払拭しておけば、大事なところで二回目の対戦があるかもしれないし、侮れない相手ですけど。アビスパというだけじゃなくて、今後の戦いに自信いもなるので。代表ウィーク明けで、ここから過密日程になってくるので。

要犬

次のアビスパはアウェーが第37節なので、あと2試合しかない状況で当たると。

河治

優勝を争う最終局面ですよね。

要犬

浦和は独創する予定ですけど、それができない場合ですね。

河治

独走は犬の頭の中だけだと思いますけど。

要犬

優勝を決める大一番になっているかもしれないと。

河治

あひ。アビスパの方がどうなってるかも分からないですけどね。優勝の可能性が残ってるのか、ACLに最後の狙いを定めてるのか、はたまた終盤まで残留争いに巻き込まれてるのか。アビスパはカップ戦でもタイトルを狙っていくと思うので。

要犬

はい。

河治

もう1つ楽しみがあるとすれば2週間あったので。ヘグモさんの評価に変化があるかは楽しみですね。

要犬

湘南戦で言うとブック選手がベンチ入りしてましたからね。

河治

はい。まあ出場なく終わったので、今度こそはブックが使われりうとか。安居選手がベンチ離とか。

要犬

大久保選手やリンセン選手が入ってくるかもしれない。

河治

そうですね。彼らがベンチ入りしてくると、勝負どころで中島翔哉にしか頼れないという感じではなくなってくるかもですね。それも含めて期待です。

 

 

【浦議の犬と浦和を語ろう】福岡戦の要注意選手と浦和勝利のキーマン編

(1)紺野のスペースは空きやすい

(2)岩崎側のケアをどうするか

(3)ウイングバックの攻め上がりはやや遅い

(4)ザヘディは”初見殺し”感がある

(5)途中出場の松岡大起はリミッターを外してくる

(6)グスタフソンのミドルが鍵に

(7)中島投入なら4ー3ー3にこだわる必要はない

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ