サッカーの羅針盤

【鹿島戦記】開幕スタメンへ!濃野公人が描く軌跡(前編)大学のときに思い描いてたようなことよりかは全然、自分の良さを発揮できる

取材・元川悦子

 

ーー水戸戦の前半はいい形でチャンスを作れてましたが、ご自身のプレーの評価は?

前半は(藤井)智也くんと結構、いい関係性で、ゴール前まで持っていくってシーンが何度かあったので。練習の成果をあそこで出すことができた。

それはまあ良かったかなと思うんですけど、やっぱり抜け出してからの質ってところはもう1個上げていかないといけないなと思ったんで、しっかり練習でクロスの質だったりとか、ラストパスの質っていうのをもっと高めていきたいなと思いました。

ーー細かな精度の部分はまだまだ足りてない?

そうですね。まあ、これはアシストにしないといけないなっていう自分の中での線引きというか、そういうプレーも今日あったので。そこをアシストに変えるサイドバックじゃないと今後、生き残っていけないなっていうのは、物凄く感じています。そこの精度にはしっかりこだわってやってきたので。

(残り 1044文字/全文: 1432文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ