サッカーの羅針盤

【鹿島戦記】垣田裕暉は焦らない(前編)走ったら誰にも負けないですし、戦ったら誰にも負けない

取材・元川悦子

 

ーーFWも変わって自分の立ち位置?

まだまだ、難しい立ち位置にいますし、でも、やっぱり最初は外国人選手が来て、優磨くんみたいな良い選手がいて。J1で優勝争いするチームというのは外国人だったり代表クラスの選手と争うのが普通なので。どこのビッグクラブに行くにしても。

そう考えたら普通の状況ですし、ここをどう超えていくかというところだと思うので。それは当たり前のことなので、これだからダメだということはないです。

(残り 789文字/全文: 1004文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ