サッカーの羅針盤

【マリノスの羅針盤】3年ぶりの帰還!”ジモン”寺門陸が山口で得てきたもの:ここからが勝負だなと思います

 

レノファ山口での”武者修行”を終えて横浜に帰還したGK寺門陸。”ジモン”というニックネームもマリノス時代はあまり使われておらず、むしろレノファで陸の付く選手が3人いると言う事情で、寺門が自分から「ジモンと呼んでください」と言い出したことがきっかけでした。

山口ではすっかり”ジモン”が定着しましたが、現在のマリノスにも山根陸がいる中で”ジモン”が定着していくのかどうか。一森純がガンバ大阪に戻り、オビもヴィッセル神戸に移籍ということで、しかも新体制でポジション奪取は大チャンスの状況。ポープ・ウィリアムと言う新戦力のライバルはいますが、いかなる時も笑顔と情熱を絶やさないジモンはどう挑んでいくのでしょうか。

 

ーー山口での3年間を振り返って?

有意義な時間になった3年間でしたし、山口も足下から繋いでいくスタイルのチームだったので。マリノスと似たようなスタイルというか、マリノスに繋がる部分もあったので。山口に行ってすごく良かったなと思いますし、試合に絡めたという部分は少しは自信になったと思います。

(残り 456文字/全文: 914文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ