サッカーの羅針盤

【山雅探報】菊井悠介と振り返るYS横浜戦:後半は絶対に空いてくるとわかっていた

Y.S.C.C.横浜とアウェーで対戦した松本山雅。前半は相手のタイトなディフェンスと自陣からボールを繋ぐゲーム運びに苦戦しましたが、辛抱強く戦いながら後半のミスを突いて、ボールを奪った小松蓮のパスから菊井悠介がゴール。

さらに山本龍平が獲得したPKを途中出場の鈴木国友が決めて、最後はカウンターから鈴木国友の突破に並走した小松蓮が流し込んで、3点目を奪い、終わってみれば3ー0の勝利でした。

この日もキャプテンマークを巻いた菊井はチームを引っ張りながら先生弾はもちろん、PKにつながるシーンも起点となるなど、勝利に貢献しましたが、直接FKがクロスバーに当たり、流れからのシュートも右ポストに嫌われると言う2つのシーンがあり、菊井も反省材料として今後に生かして行きたいようです。

 

菊井悠介

相手が5バックだったので、前半ボランチもスライドをだいぶ頑張ってたのでスペースがなかったし、自分自身も前半は相手をスライドさせることだけを意識して、後半勝負だなという感じではあったので。

(残り 895文字/全文: 1334文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ