■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

サッカーの羅針盤

【03ジャパン】マリノス育ちの”03守護神”木村凌也が世界の舞台へ

 

U−20アジアカップの4試合全てでゴールマウスを守り、世界への扉を開いた木村凌也。マリノスのアカデミーから日本大に進学し、試合経験を積みながらプロを目指すGKに大会で試合を重ねるごとに逞しさを増しています。

ヨルダン戦の試合後、現地に来たサポーターにマリノスファミリーの4人(木村、諏訪間幸成、山根陸、松村晃助)が集まって、喜びを分かち合う笑顔も印象的でした。

サウジアラビア戦ではCKのキャッチミスからクロスバーに救われるシーンもありましたが木村は「ミスすることによって不安だったりを与えると思うんですけど、そこで自分が下を向いてたらも、もっと不安にさせちゃうと思うし、立ち居振る舞いのところは意識しながらやっているので。サウジ戦でミスした後のヨルダン戦では自分的には自信を持ってプレーできた」と振り返ります。

ーー試合を重ねるごとに存在感が出てきていて、こうやってオンラインで出てくると、あ、いつもの木村くんだって思うんですけど(笑)、積み重ねる中での実感は?

試合の中でコミュニケーションを取ることが多いので。そこで安心感を与えるじゃないですけど、試合を重ねるごとに安心感は当てられてるのかなと思っています。

(残り 476文字/全文: 985文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ