サッカーの羅針盤

【トス研】樺山vs横山!?サガン鳥栖を熱くする左ウイングの競争関係

 

2023シーズンの躍進に向けて、沖縄県の読谷村でキャンプを行なっているサガン鳥栖。川井健太監督は固定のシステムにこだわることなく、フレキシブルに流動していくスタイルを昨年以上に押し出しそうですが、それでも選手ごとに配置されそうなポジションはあります。

例えば4ー3ー3の左ウイング。3バックの場合はシャドーになったり、ウイングバックになったりもするポジションですが、左サイドは「個人で違いを埋める選手」として獲得した樺山諒乃介と横山歩夢という二人の競争が加熱しそうです。

(残り 1305文字/全文: 1545文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ