サッカーの羅針盤

【カタールW杯】さらに先へ。遠藤航が後輩たちに背中で示すこと

ーーPK戦に入った時の心境は?

いやもう蹴りたい人から蹴るということで、仲間を信じるしかなかったので。蹴った選手は攻めてないし、チームとしての結果なのでそれを受け止めなきゃいけないし、PK戦に持ち込んでしまったところが良くなかった・・・よくなくはないですけど、そこはお互いしょうがないというか。PKなので。

ーー今までと戦い方を変えて前半から点を取った?

ゲームプラン的にはそんなに変わらずというか、基本5−4ー1のブロックでしたけど、センターバックに対してもうちょっといけるような工夫はしてて、相手もドイツやスペインよりはプレッシャーかけたら蹴ってくるみたいなのもあったので。

(残り 3960文字/全文: 4246文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ