サッカーの羅針盤

【カタールで新しい景色へ】伊東純也と振り返るスペイン戦:歴史を本当に塗り替えたい

ーー率直な気持ちは?

勝てて嬉しく思いますし・・・本当に良かったなと思います。

ーー1点目はプレスがはまった

いやもう、後半の入りのところは自分と薫がサイドバックまでプレッシャーをかけようという話だったので。とにかくサイドバックに入った時に、こっち見えてないなと思ったので。取れるなと思って、うまくボールを奪えました。

ーー前半なかなか後ろに下がりながらの守備で意識?

本当にもう1対1でやらせないとか、我慢して絶対にチャンスはくると思っていたので。我慢して我慢して、本当は失点しない方が良かったんですけど、最低の1に抑えて、後半に臨めたというのは最低限というかよか、よくはないですけど、それで後半逆転できたかなと思います。

(残り 2023文字/全文: 2330文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ