サッカーの羅針盤

【現地発!カタール通信】歓喜のドイツ戦!伊東純也の隠れた好守。酒井宏樹との連携を語る

ーーめちゃくちゃ走って守備をしていた?

まあそうっすね。前半うまくはまらなくて、自分が5バックみたいな感じでラウムを見てたんですけど。基本は前に行きたかったけど、やっぱり難しくて。フォーメーションではまってなくて、ゴテゴテになってしまったなというのはありました。

ーーPKのシーンについて

基本は自分が中を見るのはサイドハーフなので、絞って「というのはあったですけど、今日に限っては最後、ウイングを見ても良かったかなと思いますけど。うまく酒井くんとどっちが見るかはできてたんですけど、あの一本だけ、危ないと思って二人とも中をしめてしまって、外が空いたので。まあ、もったいなかったというか意思疎通ができてなかった。

(残り 2127文字/全文: 2430文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ