サッカーの羅針盤

【浦和を語ろう】リーグタイトルの使者!?マシエイ・スコルツァ監督の可能性③江坂任が浦和のアマラウになる

マシエイ・スコルツァ監督の基本スタイルはリカルド前監督に共通するところが多いと書きましたが、ひとつひとつ見ていくと、かなり違う要素はあります。センターバックは大きく変わりませんが、サイドバックにはかなり多様な役割が求められます。

サイドアタッカーは外側での仕事が多少は増えますが、個人能力を発揮して局面を打開する能力が求められるという意味で、引き続きダヴィド・モーベルグや大久保智明が重用される可能性は高いと見ています。

大きく変わるというか、より重要性が増すのは4ー2ー3ー1のトップ下です。具体的には江坂任の”復権”がかなり有力になると見られます。

(残り 856文字/全文: 1130文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ