サッカーの羅針盤

【浦和を語ろう】リーグタイトルの使者!?マシエイ・スコルツァ監督の可能性②攻撃ベクトル

基本的にポゼッションを非常に重視する監督であることは浦議の動画でも伝えました。

 

ここではもう少し踏み込んで攻撃のベクトルを探ります。基本は4ー2ー3ー1ですが、鼓笛的なシステムだから攻め口も固定的ということではありません。逆に言えば4ー2ー3ー1の中で多様性、柔軟性を出す自信がある証拠とも言えるのです。

日本だと複数のシステムを使い分ける監督が柔軟と思われがちですが、システム内の対応力が高い方が、安定したチーム作りはしやすいです。

(残り 930文字/全文: 1194文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ