サッカーの羅針盤

【J激論スペシャル】2022シーズンの大詰めを前に。飯尾&元川&河治J1大放談(10)前半躍進で再燃したレイソルの“柏から世界へ”の情熱

河治

アンジェの時も2020年にコロナ禍で過密日程になって、そこでターンオーバーしようとして頓挫した。そこをマスカットがソリューションしてというのはあったので。

飯尾

うん。

河治

そういうのがあったけど、川崎も大勝してる試合はあるんだけど、やっぱりマリノスと川崎の両チームを見ると、まだ川崎に優勝の可能性を残させているのはマリノスの甘さでもあると。それがシーズン終盤まで優勝の行方が分からない面白さにもなってるんですけどね。

飯尾

確かに。

河治

あとは中位のチームについてですけど、結局、前半戦の躍進で話題を集めたレイソルも6位まで下がって、FC東京にも迫られていると。

(残り 1349文字/全文: 1627文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ