サッカーの羅針盤

【J激論スペシャル】2022シーズンの大詰めを前に。飯尾&元川&河治J1大放談(1)監督交代前の鹿島に最も欠けていたこと

河治

今年も残すところ4、5試合ですけど、日本代表の取材を終えた二人に、Jリーグに切り替える意味で大いに語ってもらいたいと思います。大井健太郎だけに。

元川

いきなりジュビロから話すの?物事には順序というものがある。

河治

確かに。優勝争いはもう事実上、マリノスと川崎の一騎打ちかなと。もちろんすうじてきにかのうせいがあるかぎり、選手や監督が諦める必要は無いし、サポーターもそうだけど、現実論というのがあるので。3位の広島が2位の川崎を逆転する可能性は十分にあると思うけど。

飯尾

そうですね。

(残り 1152文字/全文: 1392文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ