サッカーの羅針盤

【カタールへの道】基準はW杯に選ばれるかではなく、どう日本の戦力になるか。上田綺世に踏み込んで聞いてみた。

 

上田綺世

まだまだ、あのインテンシティの中で、今日みたいなフィジカルも技術もある相手で、押し込まれるというかボールを握れない時間が長い試合というのは十分に想定される中で、もっとボールを収めたりとか、チームの時間を作ることは必要だと思うので。そういう点で言うとまだまだ、勝利に貢献できるパフォーマンスだったとは思えないです。

戦うところだったり、そのインテンシティのなかでパフォーマンスを発揮するところはやっぱり日本にいた頃より高いインテンシティでできているぶん、ぶつけるところとかスピード感というのは特に遅れを取ることは無かったかなと思うんですけど。その中で圧倒していくだったりとか、ボールをキープする、シュートまで持っていくというのは惜しいシーンもありましたけど、もっともっと回数を増やして行かないといけないなと思います。

(残り 1918文字/全文: 2284文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ