サッカーの羅針盤

【サックスブルーの歓喜】渋谷洋樹監督が描く残留へのラスト9(後編)

 

ーーもちろん相手にリードを奪われた時にどうセットするかも大事ですけど、まずは先制されないというのを9試合すべてやったら、もう勝ち点が付いてくるということでもあるので。去年のジュビロって先制される試合が多くて、それでも追い付いたり逆転できる力がありましたけど、そこがJ1との最大の違いかなと思うので。そこで思うところを教えてください。

本当その通り、磐田は昨年、点を取られても追い付いたり逆転できる。それは技術力であったり、フィニッシュする質というのが高かったなと私自身も思います。それをJ1でとなると、1点先に取られると、前ばかりになってしまうと後ろのスペースを与えてしまって、持っていかれるシーンがあると。

(残り 948文字/全文: 1257文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ