サッカーの羅針盤

【鹿島戦記SP】どうなる岩政アントラーズ(4)図らずも開いた最速ルート

© KASHIMA ANTLERS

「交通整理・・・そこはポジション・バランスがあります。今の時点でマリノスや川崎に対して、ボールゲームで上回るのは難しい。スペースや空間・時間で上回ることが必要、どうすれば彼らを上回れるのかを選手たちに分かってもらいながら、各選手の役割がしっかり分かった状態でプレーさせる。僕は見られるところにいて、少ない言葉で選手に伝えられる目と感覚とサッカー観、いろんなものをアップデートしていきたい」(岩政大樹監督)

 

河治

コーチとして支える立場から実際にどう考えていたか。それは本人にしか分からない。ただ、クラブって最良と最悪を常に想定しながらやって行くものだから。そのプランBが最初から岩政大樹だったのかは分からないけど、やはりレネさんの来日前にほぼ全権で、ずっと率いていたと言うのが、これまでのそう言う事例と異なることだね。

元川

そうだね。

(残り 1682文字/全文: 2067文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ