サッカーの羅針盤

【砂岩の魂】手塚康平が鳥栖に来た理由:面白いサッカーがそこにある

「サガン鳥栖がすごい面白いサッカーしているのを知っていて。そんな中でオファーをもらって、何試合か観ていて、やっぱり改めていいチームだな、魅力がある、ここに入ってプレーしたいと。いざ練習に入っても、自分が求めていたものがたくさんあった」

横浜FCから鳥栖に加入した手塚康平は開口一番にこう語りました。現在J2の昇格圏にいる横浜FCでも、中盤で継続的に出場するなど、そのままJ1昇格を目指す選択もあったはずです。

しかし、柏時代から、根っからのサッカー小僧である手塚のモチベーションは「面白いサッカーしている」「サッカーがもっと上手くなりたい」という二つの点に尽きます。

(残り 1701文字/全文: 1982文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ