サッカーの羅針盤

【カタールへの道】転機は甲府。日本代表MF野津田岳人が発した、”恩師”伊藤彰監督への感謝の言葉の意味

「ここが課題だということを監督にずっと言われてきていたので、自分の課題に向き合えた」

日本代表の野津田岳人はキャリアのターニングポイントにあげたのは昨年のヴァンフォーレ甲府での経験でした。

継続して試合に出られたこと、ボランチというポジションで新境地を開拓できたこともあるようですが、何より野津田があげたのは現在ジュビロ磐田を率いる伊藤彰監督と”二人三脚”で学んだ日々が、”キャリアが終わるかもしれなかった”野津田を代表に引き上げる大きなきっかけになったようです。

(残り 1213文字/全文: 1443文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ