WE Love 女子サッカーマガジン

女王・オルカ鴨川FC 中位スタートから浮上を目論む今シーズン 矢野喬子さんテクニカルダイレクター就任で中・長期戦略も動く 

さらなる飛躍のため、新体制で挑むオルカ鴨川FCが考えていること 

オルカ鴨川FCは、設立10年目の昨シーズンに2023プレナスなでしこリーグ1部を初優勝しました。今シーズンから監督に辛島啓珠さんが就任。また、テクニカルダイレクターに矢野喬子さんが就任。新体制となりました。ここまで3勝2敗4分の5位(第9節終了時点)。ディフェンディングチャンピオンとしては、やや物足りないスタートダッシュに見えます。しかし、これは、新たな挑戦の序章のようです。 

今回のWE Love 女子サッカーマガジンは、辛島監督が選手に何を提供しているのか、矢野テクニカルダイレクターは何を目指しているのか、そして、注目選手に躍り出た松尾美月選手のお話をお聞きし、オルカ鴨川FCの2024年シーズンをお伝えします。 

「地域と共に」2024プレナスなでしこリーグ1部を戦う 

オルカ鴨川FCは2014年2月より鴨川市をはじめとする千葉県南部地域をホームタウンに発足した女子サッカークラブです。クラブスローガンは「How to do it!~地域と共に~」。活動理念の一番に「女子サッカーチームの活動を通して鴨川市をはじめとする南房総地域の活性化を図ります。」と記しています。 

鴨川市の至るところに「地域と共に」ののぼりがはためいている

2023プレナスなでしこリーグ1部優勝セレモニーの後、オルカ鴨川FC 代表取締役 会長の亀田翠香さんは「将来のWEリーグ参入を見据え、これからも『地域と共に』歩んでいく」と満員のスタンドの前で誓いました。しかし、これは「将来の」お話し。WEリーグ参入には、5千人以上収容のスタジアムの確保、財政基盤の整備が必要で、今すぐに到達できる目標ではありません。 

今、オルカ鴨川FCのトップチームは、地域最高峰のアマチュア女子として活動しています。 

経験豊富な辛島啓珠監督が考える選手の成長 

今シーズンから指揮をとる辛島監督は、筆者にとってはガンバ大阪でプレーした選手時代の印象が強いです。近年は女子サッカーの監督としての経験が豊富で、アルビレックス新潟レディース、マイナビベガルタ仙台レディース等の監督として女子サッカー選手を指導してきました。 

オルカ鴨川FCはディフェンディングチャンピオンですが、新しい取り組みをしています。試行錯誤しながら、勝ち点の積み上げを目指しています。それには理由があるようです。 

「本当はより細かくポジショニングやどうプレーしていくかということを、各自の判断を尊重せずにやらせれば、短期的にはより結果がでやすいかもしれないし、選手は楽かもしれないです。しかし、僕はそのように今までもやってこなかったですし、特に女子チームの場合は選手の育成も重要視しているので、優先順位を持った中でより良い状況判断ができるように指導しています。」 

アグレッシブな仕掛けに沸くスタンド 

そのため、今シーズンのオルカ鴨川FCは、選手のアグレッシブなチャレンジが目立ちます。昨シーズンと比べると失点が増加し勝ち点の積み上げは劣るものの、スタンドのファン・サポーターは沸いています。 

「自分のやりたいこと(戦術)もありますけど、勝負があるので二つのバランスをとりながらやっていかなければなりません。」 

辛島監督は、近い将来に選手たちが大きく飛躍することを期待します。戦術的な決まり事を細かく整備するのは、次の段階と決めています。 

注目は11番 松尾美月選手の裏抜け 

今シーズンに入り、急激に輝きを増している選手がいます。松尾美月選手です。国際武道大学(鴨川市の隣の勝浦市にある)に在学中の21歳。U-16日本女子代表に招集経験があり、2019年にイタリアで開催された第4回デッレナツィオーニトーナメントに参加。石川璃音選手(浦和)、小山史乃観選手(ユールゴーデンIF)、浜野まいか選手(チェルシー)らと共に優勝メンバーとなりました。 

トップ昇格3年目で急成長 

2022年シーズンにトップチームに昇格し3年目。今シーズンから背番号11を背負います。昨シーズンまでは、サイドハーフでの起用も多く、そこまで目立つ選手ではありませんでしたが、今シーズンは前線でのプレーで目立ちます。開幕戦の同点弾をはじめ、大事な場面でチームを救える存在となりました。髪とシューズは同じピンクになりました。 

ピッチに入ると、途端に引き締まった表情になる松尾美月選手(鴨川)

—今シーズンに入り、グーンと存在感を増しています。何かきっかけはありますか? 

松尾–エースだった鈴木陽選手、キャプテンだった浦島里紗選手が移籍し、今のメンバーは「自分もっとやらなきゃ」という気持ちが強くなりました。 

(残り 2102文字/全文: 4164文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ