WE Love 女子サッカーマガジン

夢が叶う全国への道 2022プレナスなでしこリーグ2部入替戦 出場チームの見どころ

アマチュア女子サッカーの最高峰・なでしこリーグへの挑戦権を賭けた、2022年最後の戦いが始まります。2022プレナスなでしこリーグ2部入替戦です。2022年11月5日から11月20日まで全6試合の総当たりリーグ戦。参加するのは4チームです。この中から上位3チームが来シーズンのなでしこリーグ2部で戦う権利を得ます。

2022プレナスなでしこリーグ2部 10位:岡山湯郷Belle
2022プレナスなでしこリーグ2部入替戦予選大会
1位:F Cふじざくら山梨
2位:ディオッサ出雲F C
3位:ヴィアマテラス宮崎(Top写真)

2022プレナスなでしこリーグ2部入替戦予選大会を勝ち上がった3チームは、いずれも実力者揃いです。予想通りの勝ち上がりといって良いでしょう。ご紹介します。

F Cふじざくら山梨 山梨県になでしこリーグの風を吹き込むか

関東女子サッカーリーグ2部の全試合を11勝3分け0敗、5失点の成績で終えました。現在はノジマステラ神奈川相模原の監督を務める菅野将晃監督が初代監督であったことで女子サッカーファンからの知名度が高く、今大会でも注目を集めます。「競技でも一流、社会でも一流であれ。 『プレイングワーカー』を育てるチームになる。」というメッセージを掲げ、引退した後に有意義なキャリアを描けるようように、選手はビジネスの最前線でも活躍しています。

4−1−4−1のフォーメーションの後ろでチームを支えてきたのがゴールキーパーの出口春奈選手。なでしこリーグのニッパツ横浜FCシーガルズ、アンジュヴィオレ広島でのプレー経験があり、今シーズンからF Cふじざくら山梨でプレーしています。今シーズンのF Cふじざくら山梨は守備が固く、関東女子サッカーリーグ2部(13試合)で5失点、皇后杯 JFA第44回全日本女子サッカー選手権大会(4試合)で3失点しかしていません。そして、2022プレナスなでしこリーグ2部入替戦予選大会は無失点で勝ち抜きました。皇后杯 JFA第44回全日本女子サッカー選手権大会出場を決めたつくばF Cレディース戦、S E I S A O S Aレイア湘南F C戦ではP K戦の修羅場も切り抜けてきました。負けられない短期決戦のリーグ戦に心強い守護神です。

ディオッサ出雲 粘り強い挑戦で八雲立つ

中国女子サッカー上位リーグの最終節でレノファ山口レディースを7−1で下し4年連続6度目の優勝を達成しました。中国地方では圧倒的な強さを誇っています。今シーズンに敗れた試合は2022プレナスなでしこリーグ2部入替戦予選大会のF Cふじざくら山梨戦(0−1)だけ。ヴィアマテラス宮崎戦は46分に失点直後の52分に同点に、58分の失点直後の65分に同点に。2−2で引き分け粘り強いサッカーを披露しました。今シーズンのチームスローガンは「N A N A K O R O B I de 八雲立つ」。八雲は出雲国を象徴する単語で幾重にも重なった雲のことでもあります。日本神話に登場する須佐之男命(すさのおのみこと)が作者だと伝えられる「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」は日本初の短歌だといわれています。神話の舞台とされる出雲市をホームタウンとしており、チーム名のディオッサはスペイン語で「女性の神」の意味。試合会場の出雲健康公園多目的運動場は出雲大社から車で10分ほどの距離にあります。

なでしこリーグ2部入替戦予選大会には過去8回出場。初めて予選大会を突破し入替戦に出場しました。悲願の昇格を狙います。注目は2人のブラジル人選手です。THAYS FERRER選手(背番号95)、SPENAZZATTO LAURA選手(背番号98)はプロ契約。なでしこリーグ2部昇格の切り札として2022年8月に加入しました。

ヴィアマテラス宮崎 ピッチ上を圧倒する戦力で神話を作るか 

宮崎県児湯郡新富町から広く人々を照らす存在となることを目指したチーム。メンバーには海外リーグ経験者、なでしこリーグ経験者、なでしこジャパン(日本女子代表)経験者が含まれています。KYFA第25回九州女子サッカーリーグ1部では大量得点が当たり前の圧倒的な強さです。

スタッフ・選手のうち17名が地域おこし協力隊制度(都市地域から人口減少や高齢化等の進行が著しい地域に移住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、農林水産業への従事、住民支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る総務省の取り組み)を活用して新富町に移住している、全国的にも珍しいサッカーチームです。17名は新富町を盛り上げるための町おこし活動(スポーツ観光の企画・運営、農業タイアップ、施設管理等)を行っています。

新富町で開催される九州女子サッカーリーグのホームゲームでは500人を超える観客が応援にかけつけるという、地域と共に成長を続けるサッカークラブです。

チーム名の「ヴィ」は、美しさ(美=び)、勝利を意味するヴィクトリー、ラテン語で力を意味します。アマテラスは、日本神話に主神・太陽神として登場する神の天照大御神のアマテラスを併せています。つまり、ヴィは、美しさ(美=び)、勝利を意味するvictory(ヴィクトリー)、ラテン語で力を意味します。つまり、ディオッサ出雲とは日本神話対決となります。

注目は永野桃子選手。献身的に前線を走ります。フォアチェックはこのチームの守備の生命線。高い位置でボールを奪いディフェンスラインの裏へ飛び出します。チーム内に技術の高い選手が多いため、ワントップのポジションでパスを受ける機会が多く、ポストプレー、シュートの見せ場を多く作ります。

岡山湯郷Belle なでしこの意地で残留を目指す

最後にご紹介するのは岡山湯郷Belleです。2022プレナスなでしこリーグ2部を最下位の10位で終えました。9位のヴィアティン三重レディースとは同勝ち点。得失点差で涙を飲みました。

かつては宮間あや選手を世界レベルの名選手に育て日本女子サッカー界の強豪に君臨していたチーム。2003年に加盟以来、ここまで、なでしこリーグで戦い続けています。昨シーズンもこの大会に出場し残留を決めています。今シーズンも、昇格を狙う3チームを迎え撃ちます。

2022年9月30日に、昨シーズンまで大宮アルディージャVENTUSでプレーしていた鳥海由佳選手の加入が発表されましたが、リーグの登録期限締め切り後の加入のため出場できません。2022プレナスなでしこリーグ2部を戦い抜いた選手たちだけでプレーします。

(残り 1176文字/全文: 3842文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ