WE Love 女子サッカーマガジン

女子サッカーの美しい瞬間 ビジュアルレポート ニッパツ横浜FCシーガルズ3-0バニーズ群馬FCホワイトスター

2022プレナスなでしこリーグ1部 第18節
2022年9月17日 (土) 13:00 神奈川県立保土ケ谷公園サッカー場
ニッパツ横浜FCシーガルズ3-0バニーズ群馬FCホワイトスター

美しい表情を捉えた34枚の写真で振り返ります。
Photo by Ke Twitter→@ke780kx5 instagram→@ke_photo410

セットプレーでの先制点に始まり前半に3得点。気温30度・残暑の保土ヶ谷でニッパツ横浜FCシーガルズが躍動。バニーズ群馬FCホワイトスターに勝ち点で並び得失点差で上を行くことになります。

ニッパツ横浜FCシーガルズ

要田勇一 監督
良い時間に先制点、さらに2点、3点を取ることができ、チームにいい雰囲気が出ました。さらにチャンスを作って点を取ることができると思います。残り4試合、チームのレベルを上げられるよう頑張ります。

FW 11平川杏奈
昨日のセットプレーの練習でも同じ形でボールに合わせることができていたので、そのイメージで飛び込んだら同じ位置にボールが来たので決まりました。次節以降も勝ち続けられるように頑張ります。

DF 2 渡部那月
チームが苦しい時に初ゴールを決められたのはとても嬉しいです。中々チームが勝てない時に下を向かずに全員で求めることは求めてきた結果が出せたと思うので引き続き頑張ります。

バニーズ群馬FCホワイトスター

小林 勉 監督

前半最初のコーナーキックからの失点て試合の流れを渡してしまった。チーム全員で課題に対して向き合い、簡単にコーナーキックにしない努力と、準備に取り組んでいきたい。またビハインドの状況から勝ち点を取れるチームにしていきたい。

DF 18椎野 彩香

中断期間あけてから勝てていなかったので、なんとしてでも今日は勝ちたかったのですが、早い時間に失点をしてしまい、なかなか自分達のペースにすることができませんでした。試合の中で流れをすぐに変えるのは難しい部分ですが、相手のペースから自分達のペースに早く持っていけるよう守備から攻撃への切り替えを速くし奪ったボールを得点に繋げれるように改善したいと思いました。本日も現地やYouTubeなどでたくさんの応援ありがとうございました。

DF 4 宇内 彩来

中断明けから負け試合が続いていたので、勝つという強い気持ちで試合に入りました。前半に3失点してしまい苦しい展開になりましたが後半は守備が修正できて失点を0にできたことはよかったと思います。試合の中で守備の修正ができるようにと攻撃の最後の精度上げて得点につながるようにチームでトレーニングします。応援ありがとうございました。

(残り 0文字/全文: 1071文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ