WE Love 女子サッカーマガジン

千葉LはI神戸、浦和、東京NBの牙城を崩すことができるか ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2022ー23シーズン新体制発表会見 

ジェフユナイテッド市原・千葉レディースの2022−23シーズンは「タイトルを狙うシーズン」になりそうです。2022年8月6日に行われたジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2022ー23シーズン新体制発表会見は「躍進に強い実感がある。まだ見たことがない世界を目指していく。」という代表取締役社長 森本航さんの力強い宣言で始まりました。 

2021ー22シーズンのジェフユナイテッド市原・千葉レディースは、リーグ戦4位という過去最高順位、2012年シーズン以来の皇后杯 JFA全日本女子サッカー選手権大会決勝戦進出、さらには、なでしこジャパン(日本女子代表)に選手2名が選出され大きな飛躍を遂げました。 

左から猿澤真治監督、代表取締役社長 森本航さん、ゼネラルマネージャー 三上尚子さん

 

3強の牙城を崩す対抗馬の一番手 

3シーズン目の指揮をとる猿澤真治監督は、昨シーズンをこのように振り返ります。 

「全てがうまくいったわけではないが確かな足跡は残せたと思っています。その中で、本当に勝ちたい試合で勝ちきれなかったところがあります。例えば、開幕戦、皇后杯の決勝戦、最終節……いずれも勝っていれば、大きな成果につながる試合でした。これが現状だと思います。」 

あと一つ勝っていれば、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースはINAC神戸レオネッサ、三菱重工浦和レッズレディース、日テレ・東京ヴェルディベレーザの3強の牙城を崩すことができました。皇后杯 JFA全日本女子サッカー選手権大会決勝戦では1点が遠く0−1で敗れました。その悔しさは、今も選手、スタッフの胸に残っています。 

猿澤監督は「昨シーズンの結果に満足することなく、もっとレベルアップして、応援してくださるサポーターに勝利を届けたいと思います。大きな結果を残したいと思っています。」と、今シーズンに賭ける思いを表明しました。 

ゼネラルマネージャーの三上尚子さんは「(昨シーズンは)とても悔しい結果になった。これをもう一歩打開するために、今シーズンは新たなチャレンジをしていきたいと思っています。」と話し、新体制を発表しました。特に注目すべきはテクニカルコーチの櫻林亜佐子さん。スペインリーグ、ASエルフェン埼玉、アンジュヴィオレ広島、大和シルフィードでのプレー経験がある櫻林さんが試合の分析を担当します。ジェフユナイテッド市原・千葉レディースが分析の専門担当者をスタッフに加えたのは、これが初めてです。時代に合わせて成長するジェフユナイテッド市原・千葉レディースの本気を感じます。 

左から十川ゆき選手、佐藤瑞夏選手、鶴見綾香選手、千葉 玲海菜選手、鴨川実歩選手

 

成長した姿を見せたい新戦力は3人 

ジェフユナイテッド市原・千葉レディースは昨シーズンのメンバーをベースに今シーズンを戦いますが、3人の新戦力が加わりました。鶴見綾香選手と佐藤瑞夏選手は下部組織出身の復帰組。久しぶりに黄色いユニフォームに袖を通しました。 

「ユース時代から育てていただいたクラブに戻り嬉しく思います。なでしこリーグでプレーする仲間の目標となれるようにピッチ内外で全力を尽くしていきたいです。」 

そう語ったのは鶴見選手。昨シーズンはオルカ鴨川FCでプレーしました。2017年シーズン以来の復帰です。昨シーズンはなでしこリーグ1部で22試合に出場。中心選手として活躍したディフェンダーです。以前のプレーはヘディングの強さが印象的ですが、なでしこリーグでは守備の駆け引きや巧みなラインコントロールの技術を磨いてきました。 

佐藤選手 はFIFAU-20女子ワールドカップフランス2018で 優勝し世界一になったメンバーの一員。ミッドフィルダーとして大きな期待を受けてマイナビ仙台レディースに加入しましたが怪我に泣き、WEリーグでの出場がありませんでした。「サッカーへの熱意はより一層強くなった。」と話す佐藤選手の復帰はジェフユナイテッド市原・千葉レディースにとって大きな力となるでしょう。「勢いだけではなく一つ一つにこだわったプレー」を見るのが楽しみです。 

十川ゆき選手は「監督が求めるサッカーを理解して表現できるようにしたい。」と話しました。JFAアカデミー福島出身でスペインに渡り活躍。ラシン・サンタンデールから新加入した左利きのテクニシャン。ミッドフィルダーです。

(残り 1500文字/全文: 3432文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ