J論プレミアム

【森雅史の視点】2024年5月26日 J1リーグ第16節 FC東京vガンバ大阪

J1リーグ第16節  FC東京(0-0)1 G大阪
15:03キックオフ 味の素スタジアム 入場者数27,972人
試合データリンクはこちら

 

宇佐美貴史は「相手(FC東京)もすごくコンディション的には疲れている感じが伝わってきましたし、普段通りではないんだろうなっていうのは中でやりながら感じてました」と振り返った。FC東京には22日(水)に延長PK戦まで行ったアウェイのルヴァンカップ・鳥栖戦の疲れが重くのしかかったのだろう。

 

それでもチームの総走行距離はG大阪の108.9kmに対してFC東京は115.4km。ただし、ボール保持率はG大阪が58パーセント、FC東京が42パーセントと大きく差を付けられた。つまり、FC東京はハシラされていたと言える。

 

特に前半はFC東京の重心が後ろにかかっており、攻撃はロングパスを前線に送ることがメインになってしまった。そのセカンドボールを拾ってG大阪が攻め続けるという展開に。後半に入って盛り返したものの、それでも元気だったのは俵積田晃太ぐらい。結局85分、左から右への大きなサイドチェンジを収めたウェルトンが丁寧にマイナスのボールを送ると、84分に途中出場した山田康太が蹴り込んで決勝点となった。

 

 

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ