J論プレミアム

【森雅史の視点】2023年12月9日 第103回天皇杯決勝 川崎フロンターレvs柏レイソル

天皇杯決勝 川崎F 0 (8PK7) 0 柏
14:03キックオフ 国立競技場 入場者数62,837人
試合データリンクはこちら

 

10人目のキッカーとなった柏GK松本健太のキックが川崎GKチョン・ソンリョンに弾かれ、120分を超える熱闘はついに決着を迎えた。これで川崎は2回目の天皇杯を獲得し、歴史にまた一つ、栄光の証を付け加えた。惜しくも敗れた柏は今シーズン、残留争いに巻き込まれ、監督交代が行われるなど苦しい戦いが続いていたが、最後に力があることを証明して見せた。

試合の展開は柏のペースだった。立ち上がりから積極的に前に出て川崎を押し込んで主導権を握った。国立競技場の芝の状態が非常に悪く、山村和也はセーフティにプレーするためボールを蹴り出していたと語ったが、ピッチコンディションが川崎のプレーに影響したことは間違いないだろう。それでもシュート本数は川崎の7本に対して柏の19本。そして、PK戦まで含めて決めるべきときに決められなければ相手が勝つというゲームになった。

リーグ戦8位という不本意な成績に終わった川崎にとって、浮上のきっかけになるタイトルかもしれない。そして17位と低迷した柏にとっても、ここまで戦えたことは明るい希望が見えた一戦ともなったはずだ。天皇杯の勝敗はついたが、お互いに来年に向けての希望が生まれたゲームだった。

 

 

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ