J論プレミアム

【森雅史の視点】2023年11月25日 J1リーグ第33節 FC東京vs北海道コンサドーレ札幌

J1リーグ第33節 FC東京1(1-0)3札幌
14:03キックオフ 味の素スタジアム 入場者26,945人
試合データリンクはこちら

 

前半のリードは難しい一面を持つという展開の試合だった。ややFC東京が押し気味に進めた前半、41分にアダイウトンの落としたボールからディエゴ・オリヴェイラが先制点を決める。ところが後半に入って札幌が反撃に移り、得意のポケットを使って51分に浅野雄也が同点ゴールを決めると、その勢いのまま57分、小柏剛が逆転弾を叩き込んだ。FC東京は札幌の特色をうまく消せず、一度後手に回ると混乱をきたしてしまった。逆に札幌は追いつかなければならない状況だったため、攻撃という単純化された目標に対して動き続けたことで試合を引っ繰り返した。90+4分には攻撃に全振りしたFC東京の裏を突いて大森真吾がロングループを決めて勝利を決定づけ、勝点3を持って帰った。

この試合にはいくつかのサイドストーリーがあった。

まず高崎航地主審はこの試合がJ1リーグ2試合目。しっかりと落ち着いた対応をし、1回を除いてイエローカードの提示も素早く混乱を生み出さないようにしていた。J1初主審のときは苦労していたが、2試合目には大きな成長を見せたと言えるだろう。

そしてFC東京はこの試合でホームゲームでの旧エンブレムの使用を終えた。試合後、畳まれていくエンブレムの旗を見ながら目を潤ませている人を見かけた。今までのエンブレムにいろいろな思い出が寄せられていたことを感じさせられる場面だった。

 

 

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ