J論プレミアム

カズとイニエスタで始まる2020シーズン【Jリーグキックオフカンファレンス】

2月14日に開催された2020Jリーグキックオフカンファレンスにて、二人のスターが対面した。横浜FC・三浦知良とヴィッセル神戸・アンドレス・イニエスタ。Jが世界に誇る両者の戦いから、20シーズンが始まる。

 

 

「プレー中のスタイルを見れば人柄が分かると思いますので改めて言う必要はないと思いますけども、とてもジェントルマンで非常に謙虚な人という印象があります」。

三浦知良は、隣にいるスターをそう評する。その言葉を受けたスターは、カズについてこう話した。

「実際にお会いできて本当にうれしいです。神戸に来られた時には、一緒に食事にでも行ければなと思っています。サッカーへの情熱を失わず試合や日々の練習に打ち込む姿勢だったり、サッカーへの愛は本当に脱帽です」。

カズの隣にいたスター、それはアンドレス・イニエスタである。二人のスターは笑みを浮かべながら、握手をした。

 

 

▼スパイクを履いてきた背番号11

13年ぶりにカズがJ1の舞台に戻ってくる。だが、カズにとっては「J1であってもJ2であってもサッカーに対する気持ちは全く変わらない」。やることはひとつである。

 

※この続きは「サッカーパック」に登録すると読むことができます。

(残り 1306文字/全文: 1838文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ