サッカー番長 杉山茂樹が行く

47年堅持した欧州トップ10から陥落したバルセロナ。失われた特別感。世界に追いつかれてしまったのか

写真:Shigeki SUGIYAMA

チャンピオンズリーグ(CL)を欧州1部とするならば、ヨーロッパリーグ(EL)は欧州2部であり、カンファレンスリーグ(UECL)は欧州3部となる。その3つのカップ戦の、過去5年の戦績に基づいて算出されるのがUEFAランキングで、各国リーグの来季の出場枠は、その順列で決定される。

今季はそのランキングに異変が起きた。1999年以降24年の間、2位以内を守ってきたスペインが、イタリアに抜かれ3位に転落した。スペインはCL決勝にレアル・マドリードが進出。イタリアもUECL決勝にフィオレンティーナが駒を進めていて、それぞれの結果次第ではスペインが2位の座に返り咲く可能性はある。ドルトムントがCL決勝に進出した4位ドイツも僅差で追っている。予断を許さない混沌とした状況にあるが、その原因をスペインが誘発しているというわけだ。

今季(2023-24)に限ればトップ5は、1)イタリア、2)ドイツ、3)イングランド、4)フランス、5)スペインの順になる。昨季(2022-23)は、1)イングランド、2)イタリア、3)ドイツ、4)スペイン、5)フランスの順だった。

CLでレアル・マドリードが強さを発揮しているにもかかわらずスペインリーグ全体としては下降線を辿る。ということは他のチームに低迷する原因があることが明らかになる。

その筆頭格はレアル・マドリードの永遠のライバル、バルセロナだ。最後にCL優勝したのは2014-15シーズン。そこから9年間、CL決勝にさえ進出することができていない。現在の欧州クラブランキングは12位。バルサが最後に欧州のトップ10から外れたのは1977年になので47年もの間、欧州トップ10の座を堅持してきたことになる。この事実に改めて驚かされるが、そこから弾き出されたという事実はだからこそニュース性が高いのである。

レアル・マドリードは、チャンピオンズカップ時代を含めると通算14度、欧州一に輝いている。1992-93にスタートしたCLでも8回を数える。以下ミラン(通算7回・CL5回)、バイエルン(通算6回・CL3回)、リバプール(通算6回・CL2回)、バルサ(通算5回・CL4回)、アヤックス(通算4回・CL1回)と続く。バルサはレアル・マドリードに優勝回数で大きな差をつけられている。

(残り 1989文字/全文: 2959文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ